このような症状の方へ | ヒーリング整体サロン 直-Nao-

このような症状の方へ

このような症状で悩まれている方へ

Symptoms

病気や症状は潜在意識からのあなたへの大切なメッセージ

本来病気など存在しないはずなのです。
健康であることが本当の姿です。
病気や症状は実はご自身が創り出しているんです。

あなた様の現在の意識や生き方が、本来のあなたらしさから
離れてしまってていますよ。ずれていますよ。
無理をしていませんか。
という潜在意識からのメッセージと受け止めてみましょう。

病気はあなた様にそんな大切なことを気づかせてくれるチャンスをくれています。
大切なことを気づかせてくれて 病気にありがとうと言えたとき

いつの間にか病気や症状は消えています・・

頭痛で悩まれている方へ

Symptoms

日常的に頭痛に悩まされている方がいらっしゃいます。ひどくなる前に前もって鎮痛剤を飲んでおくという方もみえます。頭痛の症状は辛いですよね。

病気や症状には必ず意味があります。そこには人生においての大きなヒントがあります!潜在意識からのメッセージと捉えてみると、その気づきから頭痛が治りやすくなります。さらには痛みを手放すことができます。そして人生をより良い方向に変えていくことができるでしょう。

頭痛があなたに伝えたいことを読み解いていきましょう

まずは構造的なところから・・・
頭痛にはいくつかの種類があります。

緊張型頭痛
片頭痛
群発性頭痛

緊張型頭痛は、頭の周りの筋肉や肩や首の筋肉が緊張することで起きる頭痛です。またうつ病などの心の病気が原因となる場合もあります。頭全体が締め付けられるように痛いのが特徴です。

何らかの理由で脳の血管が拡がることで周囲の三叉神経が刺激されて痛むのが片頭痛です。
こめかみから目のあたりがズキンズキンと波打つように痛み、吐き気が伴うことが多いです。

あなたはどの種類の頭痛に悩まされてみえるのでしょうか。

これらの症状からさらに進んで
最近多くなっているのは脳血管系の障害です。
脳梗塞や脳出血など血栓ができることによって血管につまりができる病気です。
また脳腫瘍や脳性まひといった病気もあります。

なぜ頭痛になるのでしょうか

ではなぜ頭にこのような症状が出て来るのでしょうか。

それを紐解くのにまずは昔からの慣用句を参考にしてみましょう。
頭という言葉にはどのような意味があるかを理解すると、頭痛や脳疾患系の背景を理解しやすくなります。

頭が痛い・・・困った問題に悩んでいる
頭が下がる・・・謙虚な態度
頭(ず)が高い・・・偉そうな態度だ
頭にくる ・・・怒りを感じる
頭が切れる・・・頭の回転が速い
頭が固い・・・頑固で柔軟性がない

これらの慣用句からわかることは頭という言葉は
「思考」や「態度」を表現しています。

頭痛になりやすい思考や態度とは

ではどういう態度が頭痛や脳疾患を引き起こしやすいのでしょうか。
大きく3つあります。

1 自己否定 

ご本人がそうしたくてしているわけではないのですが、常に自分自身を否定してしまう傾向にある方は頭痛になりやすいのです。実は他人を否定するよりも、やってはいけないのが自分自身を否定することです。

自己否定は幼少期や胎児の時期に培われている可能性もあります。

ご自分の行動、発言、対人関係の中で、ご自分を否定したり卑下したりする人生となっていないでしょうか。頭痛はそんなあなたに気づいてくださいというメッセージとして症状に現れているのです。


2 恐れ=心配・不安

常に頭の中が人生における不安や心配でいっぱいになってしまっていたり、起こってもいない未来の不安を抱えてみえませんか。地震や災害、感染症のことなど、気になることはたくさんありますが、常に不安で頭がいっぱいになっていたりしますと頭痛になりやすいのです。

恐れや不安、心配も幼少期や胎児期に潜在意識に刻み込まれている可能性もありますが、ご自身がそうした傾向にあることを自覚されて、できるだけものごとを楽観的に受け止めて安らかな気持ちで過ごすことが大切です。 

3 怒り

常にイライラしたり怒ったりしている方は分かりやすいですね。でもいつも穏やかなのに心の中で過去の出来事や誰かに対する怒りの感情を手放すことができない方も、実は頭痛になりやすいのです。怒りは強力なネガティブエネルギーです。頭痛に大きな影響を与えるんですね。

このように潜在意識に刻み込まれた情報が背景となって、頭痛が起きていることがわかります。自己否定や恐れ不安、怒りなどの感情が常にあると頭痛や脳疾患系の症状を作りやすいということをご理解いただけましたでしょうか。

自己肯定感を高めて明るくポジティブに

頭痛はお知らせレベルの状態です。そのまま感情や思考のバランスが悪いとうことに気づけなければ脳疾患系の病気に進行してしまう可能性があります。ですからいつも頭痛に悩まされている方はそのことを自覚されて、できるだけ自己肯定感を高めていくことが大切ですね。また未来に対して明るくポジティブになれるように、怒りの感情を手放していけるといいですね。

当サロンでは、潜在意識の情報を読み取り、頭痛の症状の背景を特定し、あなた本来の生き生きとしたエネルギー状態にまで高めるお手伝いをいたします。頭痛の症状に悩まれている方、ぜひ当サロンへお越しください。

女性特有の症状で悩まれている方へ

Symptoms

PMS(月経前症候群)で悩まれている女性はたくさんいらっしゃいます。
PMSの症状の特徴は、生理の1週間前あたりから無性にイライラしたり  
頭痛、お腹の張り、胸の張り等の体の不快症状があったりします。
その症状は個人によってさまざまです。

これらの症状は、ホルモンバランスが崩れたりして起こってきますが、実はなぜPMSになるのかという医学的な原因は不明とされています。

当サロンでは、PMSの症状になる背景を潜在意識の観点から捉えています。

女性にとって毎月訪れる大切な生理ですが
生理にはどのような意味があるのでしょうか。

生理とは女性の象徴です

生理とは女性の象徴です。

子どもを生むための準備をして、ふかふかのベッドを用意しましたが
今回は必要なかったので、排泄するわけですね。
そしてまた次の妊娠に備えていきます。

その生理前に痛みがあるということは
なんらかのネガティブな感情があるということです。

潜在的に女性性の否定がある

そこには「女性性の否定」があります。
女性の象徴が生理だとすれば
PMSの方は潜在的なところで女性であることを否定しているのです。

女性性の否定とは例えば

親に男の子が欲しかったと言われて育ち、
女性であることを自己否定してきた経験がある場合や

母親に対するネガティブな感情があります。
自分が子供の頃に 
毎日お仕事して家事も子育てもひとりで頑張っている
そんなお母さんの姿をみて
女性は損、不利という思いが潜在的に入っている可能性があります。

そんな母親との関係においてお母さんみたいにはなりたくない
という母に対する否定があったりします。

あるいはご自分が仕事で忙しくて
母親としてお子さんにしてあげたいことがあるけれど
なかなかしてあげられていないという場合もあります。

母親は女性の象徴でもありますから
母親の否定は女性に対するネガティブな思いとなりますので
これも女性性の否定となります。

仕事上で女性は男性よりも不利、男性の方が出世しやすい
競争社会で男性に負けられない
というような思いが強いとそれも女性性の否定となります。

あるいは男女関係での女性性の否定です。
過去に男性との関係で嫌な思いをしたことがあるとか
ご主人やパートナーに対して女性は損、不利という思い
ご主人が外で働き自由に時間を過ごしているが
自分は家事や子育てに専念し、ずっと家にいることが辛いといった場合です。

このように
女性性の否定には様々なケースがあります。

気づくことで痛みを手放すことができる

大事なことは
ご自分の中に女性性の否定がないかどうか
そのことに気づくことです。

気づくだけでも
PMSの症状や痛みを軽減したり
手放したりすることができるようになります。
それに気づけばもう痛みが必要なくなるからです。

生理痛や生理不順、PMSだけではなく
卵巣のう症や子宮筋腫等
女性生殖器の病気で悩まれている方は
みな同様に女性性の否定が背景にあるといえるでしょう。

生理痛や生理不順、PMS、女性特有の病気に悩んで見える方 
ご自分の中に女性性の否定がないかどうか
ぜひ見つめてみてください。

当サロンでは、女性特有の病気や症状でお悩みの方への施術も行っています。

生命エネルギーを整え、潜在意識の背景を読み解き、修正することで
大切な気づきを得て痛みの症状を徐々に手放されています。
定期的に施術を受けることで調子が整い
良い状態を維持されています。

女性特有の病気や症状でお悩みの方、当サロンへどうぞお越しください。


冷え性で悩まれている方へ

Symptoms

新緑の季節となりましたが、いつでも手足の冷えを感じています。という方がいらっしゃいます。
冷え性とは、血液循環が悪く体の末端まで血液が充分に流れていない状態です。

■いつも手足が冷たい ■体の芯から冷える感覚 ■布団に入っても冷えて眠れない
そんな症状に悩まされていることと思います。

☆冷えないための大切なポイントは

1 熱を作る(基礎代謝アップ)
2 循環を上げる

①心臓のポンプ力
②血管の状態 自律神経 ストレスを少なくする
③血液の状態 食事内容 体の冷えないものをいただく

これらのことに留意して過ごしましょう。

ここからが重要なポイントです。

生命エネルギーの観点からみると、冷え性の方は体の周波数が低くなっています。
つまりエネルギーが下がっている状態なんです。

冷え性の潜在的な背景には何があるのでしょうか。

血液とは愛、喜び、情熱を象徴しています。陰陽五行の内臓でいいますと心臓にあたります。
心臓疾患のある方は血液がちゃんと循環していません。そのことが何を表しているかといいますと
ちゃんと愛を受け取れていないですよ。愛をきちんと表現できていないですよ。ということを表わしています。
血液は血縁も表しています。血縁の中心はあなたのご両親にあたります。冷え性の方は、ご両親からの愛情をちゃんと受け取れていない。
親への愛をうまく表現できていない。心が冷えて寂しいのではありませんか。という潜在意識からのあなたへのメッセージとも考えられます。

いつも手足が冷えている方、冷え性にお悩みの方。ぜひご自分のご両親との関係を見直してみましょう。すべては親と子の関係がベースになっています。

そして冷えは万病の元 体温が下がると免疫力が下がります。
親子の温かいふれあいが、冷え性改善には一番効果的です。

体が冷える、心が冷えるそのもとの原因のところを紐解いて、愛を取り戻していきましょう。
当院の施術でそのお手伝いをさせていただきます。

赤ちゃんのアトピーで悩まれている方へ

Symptoms

赤ちゃんのアトピーで悩まれているお母さんは、とても多いと思います。
一般的な考え方として、アトピー性皮膚炎は、遺伝、体質、栄養の偏り、食品や空気に含まれる化学物質などの環境問等様々ことが原因と考えられています。

でも、ここでお伝えしたいのは、全く違う観点からのアトピーに対する考え方です。
アトピーとはお肌から出しているデトックスです。
汗や尿で上手に毒素が出せないので、お肌からアトピーという形でデトックスしているのです。
出すことによってバランスをとっていますので、赤ちゃんの体にとっては悪い状態というわけではないのです。

ではなぜ赤ちゃんはアトピーという形でデトックスしなければならないのでしょうか。
その訳は潜在的に強力な原因があるのです。

実は赤ちゃんのアトピーは、お母さんの心身の状態がそのまま赤ちゃんのお肌に出ていると考えてほぼ間違いないと思われます。

十月十日、お腹で赤ちゃんを育てている母と赤ちゃんは、エネルギー的に共鳴しています。

お母さんが原因、お母さんが悪いということではありません。それだけお母さんが日々の生活の中で抱えている悩みがあるということです。家庭内での嫁姑の対人関係のストレス、仕事のストレス、育児ストレスなど、お母さんが抱えている問題がある、ということを認識することが大切です。

お肌に出る症状の意味するものは「境界線」や「評価」です。

母親だからというプレッシャー、祖父母や父母からの評価、対人関係のストレス、親との同居によるストレス・・・
そういったことをひとりで抱えていて、口から出せていない、吐き出せていないという思いが、お子さんのアトピーという形で毒素を出すことで表現されているのです。

大事なことは、お母さんがおひとりで悩みを抱え込まない、ちゃんと辛さを口に出して吐き出すということです。
そういうことに気づき、認識して周囲にもわかってもらう。
その気づきだけで赤ちゃんのアトピーの症状は少しずつ改善していきます。

赤ちゃんのアトピーはお母さんの抱えている悩みの解放によって、治っていくのですね。
赤ちゃんは、お母さんにそのことに気づいてもらうために、アトピーをやっているとも言えるのです。

当サロンでは、赤ちゃんのアトピーの症状の改善のために、赤ちゃんとお母さんの心身のエネルギー状態を整えことをお手伝いいたします。

お問い合わせ

Contact

ヒーリング整体サロン 直-Nao-へのお問い合わせには
以下お電話かフォームよりお気軽にご連絡ください。

愛知県東海市加木屋町鎌吉良根33-313

営業時間: 平日: 10:00〜19:00 / 土曜日: 10:00〜16:00(不定休)
予約時間: 平日18:00まで / 土曜日: 15:00まで
※臨時休業あり(当サロンの営業日カレンダーを参照してください。)

PAGETOP
ページトップヘ